もう、夏も終わり……暑さと遊びで疲れた体を1日でリカバリーする方法

もう、夏も終わり……暑さと遊びで疲れた体を1日でリカバリーする方法

2017年08月31日更新 あーちゃん 396 view

そろそろ夏の終わりを感じる時期になりましたね。夏にたくさん遊んだという人もいると思いますが、体は思ったよりも大きなダメージを受けているものです。きちんとケアをして、元気に秋を迎えましょう。

今年の夏も暑かった

厳しい暑さもようやく和らいできて、そろそろ夏の終わりを感じ始める時期になりました。
夏が終わる時期にはなんだか寂しいような気分にもなりますが、秋を迎える準備はできていますか?

夏の疲れは秋にも続く!?

厳しい暑さが続くと、体のエネルギーが奪われて夏バテを引き起こしやすくなりますが、高い気温が和らいできた夏の終わりの過ごし方にも注意が必要です。

夏の暑い時期には体には思わぬダメージが与えられ、そのまま蓄積されています。
これを解消しないまま秋を迎えると、今度は秋バテを引き起こしてしまうので、注意が必要なのです。

夏に疲れた体の回復方法

では、夏にダメージを受けた体はどのようにケアをしていけばいいのでしょうか。
集中してしっかりケアを行えば、1日でも体を復活させることはできます。
これから紹介する方法を是非試してみてください。

温かいスープを飲む

夏の終わりは季節の変わり目でもあり、今まであんなに暑かったのに、だんだん気温が下がってきて体が冷えやすくなります。
そのため、この時期にはたとえまだ少し暑かったとしても、体を温めるような工夫をしなければなりません。

おすすめなのがスープを飲むことです。
特に野菜スープなどは栄養豊富な野菜が入っている上に温めて飲むことで、体の内側の内臓などを温めることができます。

良質な睡眠をとる

疲れた体を癒すためには、十分に休むことも重要です。
普段から睡眠をあまりとっていないという人もいるかもしれませんが、睡眠不足が続くと体はどんどん弱り、抵抗力も弱くなってしまいます。

この時期には体を回復させるためにも、いつもより1時間は早く寝るように心がけましょう。
眠る前にアロマをたいたり音楽を聞いたりしてリラックスタイムを設け、睡眠の質をアップさせるのも重要です。

薄着にならない

季節の変わり目に注意すべきことといえば、服装です。
夏から秋に移り変わる時期は、日中の気温はまだまだ高いかもしれませんが、夜や早朝は気温がぐっと下がりやすくなります。

真夏のまま薄着で寝たりすると、寝冷えして風邪を引いてしまう恐れもあるので、できるだけ温かい格好をして眠るようにしましょう。

お風呂にじっくりと浸かる

夏の疲れを癒し、秋も元気に過ごすためにはこの時期に体を温めることが重要だと述べましたが、入浴も非常に重要です。

夏場は暑いのでついついシャワーで済ませていたという人も多かったかもしれません。
ですがシャワーだけだと体は温まりにくく湯冷めもしやすいので、きちんと湯船に入って20分ほどは浸かり、体を温めましょう。

疲労回復作用のある食材を摂る

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR