今年はバッチリ紫外線対策!日焼け止めの正しい塗り方を総復習♡

今年はバッチリ紫外線対策!日焼け止めの正しい塗り方を総復習♡

2019年05月07日更新 あいか 70 view

紫外線が徐々に増えてきたこの季節。毎年日焼け対策は女子のテーマですよね。 日焼けのこわいところは、シミやソバカスとして肌に出てくるのが何年、または何十年もあとのこと・・・。ミセスになった時も美しい肌でいるために、今回は正しい日焼け止めの塗り方について、お伝えします♪

日焼け止めの塗り方、どれだけ大切?

日焼け止めを正しく使えた時と、そうでなかった時の大きな違い

出典:girlydrop.com

日焼け止めって毎日使うものでよくなくなるし決して安くはないし、一日に何度も塗り直さないと完全な日焼け阻止はできないので、ちょっぴりやっかいですよね。

特にこれからは外でのイベントも多くなりますね!
日焼け止め対策をどれくらいしたかによって、その後の肌の状態が全然違います。

OK例:メイク時よし、化粧直しよし、アフターケアよし。

出典:girlydrop.com

これからの時期、長時間外を歩こうと海で遊ぼうと、日焼けしない時というのは、やはりしっかり日焼け止めを塗っているから!

まず朝のメイク時。
丁寧に薄く何度も重ね付け。それから数時間おきに、意識して日焼け止めを塗り重ねましょう。
そして日焼け止めをたくさん塗った日には、いつもより多めの化粧水やパックで保湿ケア。

手間は掛かりますが、その分肌の状態はとてもよく、いい気持ちでイベントも楽しめますね。

NG例:楽しくて日焼け止めをおろそかに・・・痛みと痒みと赤みの3パンチ。

出典:girlydrop.com

楽しすぎてうっかり日焼け止めは朝のメイク時に、急いでパパッと塗っただけ・・・。
そのまま1日外のイベントで遊んでいたら、次の日の顔の状態は、ご想像通り。
その日の夜真っ赤になり、ヒリヒリとした痛みが。
次の日は痒みも出てきて、掻かないように耐えるのがとてもつらいです。

どんなに楽しくても、日焼け止めへの意識は忘れてはいけませんね。

メイク時が一番大事

直接肌に触れる日焼け止めは侮れない

出典:girlydrop.com

さて、まずは日焼け止めを塗る時の基本です。
みなさんいつもメイク時に必ずしている、化粧下地のオンですね。

ポイントは、薄く重ね付けすること。
一度にたっぷりの量を顔全体になじませるのでは、ムラができてしまいます。

まずはおでこ、鼻、両頬、顎に少しずつ乗せます。
それから部分ごとに少しずつ伸ばしていきましょう。

出典:girlydrop.com

それから化粧下地や日焼け止めは、直接肌に触れるもの。
成分や使用期限にも注意を払いたいものです。

成分に関しては、肌の弱い方は特に、オーガニックやケミカルフリーのものがいいでしょう。

長時間つけているものなので、肌に合うものを見つけて使いたいもの。
薬局やコスメショップで、これからの季節はサンプルの配布も始まる時期です。自分にぴったり合うものを根気よく探していきましょう。

出典:girlydrop.com

また使用期限に関しては、諸説ありますが開封して1年前後です。ただ毎日使っていれば、大体3ヶ月〜半年で使い切れると思います。
特に昨年使っていた残りや、いつ開封したか思い出せないくらい前に使い始めたものは、思い切って捨てましょう。

もったいないからと無理して使って、肌が荒れてしまっては本末転倒。
使い始める際、また日焼け止めを購入する際には、そのシーズンで使い切れる量のものを選びましょう。

ランチ後のケア

朝に塗った日焼け止めはどこへ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

あいか

よろしくおねがいします!