たるみやシワにも効果的!表情筋を鍛える顔マッサージで笑顔力をアップさせよう

たるみやシワにも効果的!表情筋を鍛える顔マッサージで笑顔力をアップさせよう

2015年11月26日更新 momo 2233 view

魅力的な笑顔になりたいけれど、たるみやシワなどの顔にまつわる悩みが原因でなかなか素敵な表情が作れない。このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。好印象を与えることができる笑顔は、表情筋を鍛えることで手に入れることができるんですよ。

魅力的な笑顔になりたい!

出典:

いつも素敵な表情をしていたいのに、たるみが気になる、表情があまり動かなくなってきた、小ジワが気になるといった悩みのせいで、なかなか魅力的な笑顔が出せていない方もいるのではないでしょうか。

顔にまつわる悩みを解消して好印象スマイルを手に入れるために、笑顔力アップについて内田佳代先生に詳しく聞いてみました。

内田佳代先生に聞いた!魅力的な笑顔について

内田佳代先生って?

出典:

内田佳代先生は、「ガム小顔ダイエット」監修の表情筋トレーナーです。
「噛むこと」を意識させる、歯科衛生士ならではの表情筋エクササイズ、口元からの美を提案しています。
六本木ヒルズ、アーテリジェントスクールにて定期的にセミナーを開催しており、ミスユニバース沖縄大会、ビューティーキャンプセミナーを担当しています。

理想のスマイル顔ってどんな表情?

出典:

・目尻が下がる
・歯ぐきが見えすぎない
・上の歯だけが見えている
・口角が左右対称に斜め上がり(三日月を横にしたような形)

この4つのポイントを満たしている表情が、理想のスマイル顔と言えます。

表情筋を鍛えると好印象スマイルに

表情筋って?

出典:

顔には、体と同じように筋肉があり、大きく「表情筋・咀嚼筋」の2つに分類されます。
「表情筋」は、その名の通り、表情を作るのに使われる筋肉の総称です。
30種類以上の細かい筋肉がたくさん連動しています。
正しい姿勢を覚えることで、綺麗な姿勢を保てるのと同じように、鍛えることで、笑顔が素敵になります。
ただ、咀嚼筋と連動しているため、ただ鍛えるのではなく、噛むこと(咀嚼筋を使うこと)が重要です。

顔がたるむ生活習慣はこれ!

出典:

・柔らかい食べ物だけを食べる
・あまり人とのコミュニケーションをせず話さない
・口を動かさない

これらの習慣が身についている方は、その癖を見直しましょう。
顔のたるみと一言で言っても、顎のたるみと頬のたるみがあります。
顎のたるみは、舌の筋肉の衰えによるもの。
これは、あまりよく噛まずに(食事の際に舌も使います)飲み込んでいることで、舌の筋肉が衰え、たるみます。
頬の筋肉は、咀嚼とも関係しますが、日頃表情が乏しい方は、表情筋を使わないのでたるみます。

硬い食べ物を食べればOKではない!

出典:

硬い食べ物は、顎に負担をかけ顎関節症を引き起こします。
硬い食べ物ではなく、噛み応えのあるもの(何度も噛まないと飲み込めないもの)を食べましょう。
そうすることで、表情筋も鍛えられます。

例えば、ポテトサラダを選ぶのではなく、セロリやごぼうなどの繊維質の多い野菜の入ったサラダにするなどすると、咀嚼回数が増え、咀嚼筋、ひいては表情筋を動かすことができます。

自己流には注意が必要

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

momo

美味しいものだいすき♡