アイスケーキ”カッサータ”の作り方♡イタリアのスイーツをお家でもお気軽に。

アイスケーキ”カッサータ”の作り方♡イタリアのスイーツをお家でもお気軽に。

2016年02月16日更新 misato 2198 view

次に来るスイーツは、”カッサータ”かもしれません。カッサータはイタリアの夏のドルチェで、チーズや生クリームで作ったふんわりとした生地にドライフルーツやナッツを混ぜ込んだ爽やかなスイーツです。アイスのようで、アイスじゃないふんわりさくさくの食感も楽しめます。そんなカッサータは、お家でも簡単に作ることができます。今回は、カッサータの簡単レシピをアレンジと共にご紹介します。

次に来るスイーツは”カッサータ”かも?

カッサータってどんなスイーツ?

”カッサータ”とは、イタリアで主に食べられているシチリア発祥の夏のドルチェです。
シチリアではクリスマスや復活祭など、お祝い事に欠かせない伝統的なお菓子。

ひんやり冷たくてしゃりしゃりとした食感と、中に混ぜ込んだカラフルな具材、そしてチーズの爽やかな酸味が特徴のスイーツなので、夏でもさっぱりと食べられます。
そんなカッサータが、日本でもブームの予感。
しかも、作り方も簡単ですぐに家庭でも楽しめると話題になっているんです。

今回は、カッサータのレシピとアレンジレシピについてご紹介していきます。

カッサータの簡単レシピ

出典:ameblo.jp

【基本の材料】
・リコッタチーズ(マスカルポーネでもOK) 250g
・生クリーム 100ml
・ラム酒 小1/2~小1
・お砂糖 40g
・ドライフルーツ(おすすめはレーズン、オレンジピール、ナッツ)
・バニラエッセンス

【作り方】
1.ドライフルーツをラム酒に漬けておきます。
2.ボウルに生クリームと砂糖を入れて泡立て、バニラエッセンスを加えます。
3.生クリームの角が立つくらいまで泡立ったら、リコッタチーズを入れて軽く泡立てながら馴染ませます。
4.ドライフルーツを入れてさっくり混ぜ合わせます。
5.型に入れて(角形)冷凍庫で3~4時間固めれば完成です。

お好みの食べ方を見つけて

食べるのは半生~凍った状態がおすすめですが、お好みのタイミングでカットして召し上がってください。
カットする際は、包丁を温めておくのが綺麗な断面を作るコツです。

具も工夫次第で色々な味が楽しめます。
おすすめは、チョコチップをふんだんに入れたカッサータ。
濃厚なチョコと、さっぱりとした生地の相性が抜群です。

大きい容器で作ったカッサータを一口大にカットして器に盛りつければ、ちょっと華やかなデザートに。
パフェ風に生クリームを添えても美味しくいただけます。

大きい容器で作るのもいいですが、このようにひとつずつ分けて冷凍すればおもてなし用のデザートにもぴったりです。
コーヒーや紅茶とよく合うので、ティータイムのスイーツにもぜひ。

アレンジ色々、レシピをチェック

簡単♪アイスクリームケーキ♥カッサータ

出典:cookpad.com

リキュール漬けにしたドライフルーツの香りがふんわりと漂う大人のスイーツがこちら。
一見重たそうに見えますが、生クリームが泡だててある分ふんわりとしていて、さっぱりと食べられます。
クリームチーズを加えると深みのある味わいになっておすすめです。

カッサータ:アイス・リコッタチーズケーキ

出典:cookpad.com

リキュール漬けのフルーツの代わりに、梅酒の梅を入れたというこちらのレシピ。
チーズの風味と梅の甘く爽やかな酸味が意外にもぴったり。
具材の大きさはお好みですが、大き目に切った方が具材の味と食感がしっかり楽しめるのでおすすめです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

misato

いろんな美容法を実践しています♡