カラーの選び方がポイント!デニムで作るガーリーor女っぽコーデ♡

カラーの選び方がポイント!デニムで作るガーリーor女っぽコーデ♡

2016年02月14日更新 misato 2183 view

春になったら欲しくなるアイテムといえば…、デニムではないでしょうか。今回は、トレンドのコーデに合うデニムのカラー2つをご紹介します。デニムはちょっとカジュアルすぎてあまり持っていない…という方にもおすすめできる、ガーリーor女っぽカラーの選び方をレクチャーしていきます。

今年の春もやっぱりデニムが着たい。

暖かい季節ももうすぐそこ。
すでに春物をチェックしている方もいるのでは?

今年は中でもデニムの人気がぐっと高まっています。
そんなデニムは、穿きこむほどに色落ちが味わえるアイテム。
ヴィンテージ風の加工がされている商品もたくさん出ていたり、ダメージの有無だけでもたくさんの種類があるので、選ぶのにも困ってしまいそうですよね。

そんなデニムですが、今年流行するアイテムにはどんな特徴があるんでしょうか?
まずはデニムのトレンドから押さえていきましょう。

今年のデニムの特徴は?

今年のデニムのトレンドは、

1.切りっぱなし
2.ワイドシルエット
3.ダメージ

この3つが挙げられます。

特に切りっぱなしデニムは冬から注目が集まっています。
ワイドシルエットと共に70年代~80年代のムードの着こなしにぴったりハマっておしゃれに着こなせるんです。

今回は、女性らしいデニムの色の選び方とおすすめコーデをご紹介します。
明日から穿きたい♡デニムを選ぶときのポイントをチェックしていきましょう。

ふんわりガーリーなら▷薄色デニム

出典:wear.jp

今年の注目カラーであるダスティピンクとの相性も良い薄色デニムは1本持っておきたいアイテムです。
旬のワイドシルエットでトレンド感もばっちり。
今年はダメージは最小限で、自然に穿きこんだ風合いを楽しめるデニムが多数出ているんです。

出典:wear.jp

GUの大人気デニムが主役の大人マリンなコーデ。
適度な色落ち具合と、ハイウエストのシルエットがレトロな雰囲気に。
レトロシックなコーデが好きでもヴィンテージには手が出しにくい…という方も、プチプラブランドで探せるなんて嬉しいですよね。

出典:wear.jp

今年のトレンドのダメージ入りのデニムは、比較的色落ちが均一なのが可愛いんです。
今期のダメージは膝の部分がぱっくり開いたタイプが印象的。
あまりハードになりすぎないので穿きやすいですよね。
テーパードシルエットなので脚も細く長く見せる効果も。

出典:wear.jp

チェスターコートやめがねでハンサムにまとまったコーデ。
ゆったりとしたヴィンテージ風のデニムは、適度な色落ちが女性らしい印象にしてくれます。
やわらかい色合いでリラックス感もあるのが今年っぽいですよね。
デニムの裾は1回折りが◎

出典:wear.jp

今年も忘れてはいけないのが、春に大活躍してくれるGジャン。
近年は濃い色のデニムを使用したノーダメージのGジャンが流行していましたが、今年は淡いカラーのGジャンが可愛いです。
全体的に淡いトーンでまとめたワントーンコーデのポイントに。

出典:wear.jp

KBFのデニムチェスターコートを使ったコーデ。
シンプルファッションがトレンドの今期には、ちょっとワーク感をプラスしてくれるデニムが便利です。
羽織るだけで一気に春の雰囲気になりますよね。
引きずりそうなロング丈のアイテムは、この春も注目。

女っぽクールなら▷ワンウォッシュデニム

出典:wear.jp

濃い色のデニムは、いつものコーデに取り入れるだけでぐっと大人っぽく洗練された印象に。
ホワイトのハイネックトップスとのシンプルなコーディネートですが、帽子やバッグで味付け。
プラスする小物次第でどんな雰囲気にもなりそうな定番コーデです。

出典:wear.jp

今年新鮮に着こなせそうなのが、濃い色のデニムオーバーオール。
細めのシルエットで女らしく着こなせるタイプがおすすめです。
シンプルながら、一味違ったコーディネートになりそうなオーバーオールは狙い目アイテムです。

出典:wear.jp

太めのバギーパンツは濃い色+センタープレスで脚長効果も抜群。
トップスはインしてコンパクトに。
細かいポルカドットのニットがレトロで、シンプルですがこだわりのあるスタイルになっています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

misato

いろんな美容法を実践しています♡