知らないだけで食べているかも?実は身近にあるスーパーフードとは?

知らないだけで食べているかも?実は身近にあるスーパーフードとは?

2016年02月02日更新 momo 1144 view

いま注目のスーパーフード。日々の生活に取り入れている方もいるのではないでしょうか?でも、あまり身近に感じられないから食べないという方もいるはずです。実はスーパーフードには認知度が低いものもあって、その食品の中には気軽に取り入れやすい身近なものもあるんです。

いま注目のスーパーフード

出典:

最近ではよく聞くようになった「スーパーフード」という言葉。
日々の生活に取り入れている方もいるのではないでしょうか?

沖縄スーパーフード協会が実施したスーパーフードに関する意識調査によると、約7割の女性が既にスーパーフードを取り入れているようなんです。
多くの女性が知っているスーパーフードですが、実は認知度が3.5%とあまり知られていないスーパーフードもあります。
そういったあまり知られていないスーパーフードは、認知度の高いチアシードなどよりは身近にあるので、より気軽に取り入れられるようになるかもしれません。

そもそも、スーパーフードって?

出典:

スーパーフードとは、以下のような食品のことです。

1.栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

2.一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

出典:

健康や美肌にいいスーパーフードですが、その食品には認知度の高いものから低いものまで様々です。

沖縄スーパーフード協会調べによると、「スーパーフードだと思うものを選んでください」という質問では、実は選択肢のすべての食材がスーパーフードにも関わらず、その認知度に圧倒的格差があることが判明しました。

出典:

チアシード、アサイーに至っては半数以上がスーパーフードとして認知しているのに対して、わかめ、海苔、シークワーサー、さとうきびに関してはそれぞれ10%以下と、全く認知されていないに等しい結果に。

確かに、認知度が10%以下の食品は、あまりスーパーフードというイメージがないものばかりです。

出典:

今まではスーパーフードが身近に感じられないから食べなかったという方も、わかめや海苔、味噌、納豆なら生活に取り入れられそうですよね。

わかめの味噌汁を作ったら、それだけで2つもスーパーフードを摂取することになりますし、納豆もアレンジ次第では様々な料理が作れます。
いろんな食べ方で身近にあるスーパーフードをどんどん取り入れてみてくださいね。

スーパーフードで健康に♡

出典:

健康でいるためには食べるものがとても大切になってきます。
ぜひ、身近にあるスーパーフードを取り入れて、健康的な生活を送ってください。


<調査概要>
■20歳~39歳/美容・健康に興味がある女性
■女性500名
※沖縄スーパーフード協会調べ(調査期間:2015年12月24日~25日)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

momo

美味しいものだいすき♡