1週間でウエストが4cm細くなる!忙しくてもできる「ドローイングダイエット」

1週間でウエストが4cm細くなる!忙しくてもできる「ドローイングダイエット」

2016年05月11日更新 一ノ瀬あや 21904 view

たとえ見た目が華奢な女子でも、実は悩んでいることが多い”ポッコリお腹”。モデルさんのようにウエストに筋が入って、スッとした美しいお腹周り…憧れますよね。お腹周りは内蔵が多く存在しているので、どうしても肉がついてしまいやすいんです。もうすぐ夏。自信を持って肌見せ出来るように、「ドローイングダイエット」に挑戦してみませんか?

お腹まわりの肉…どうにかしたい!

出典:weheartit.com

女の子の体型の悩みの多くに、「お腹まわりの肉」があります。

お腹まわりには内臓がたくさんあり、筋力がないとどうしてもぽっこり出てしまうんですね。
そして、贅肉がつきやすい場所でもあるので、怠けたら怠けただけ、たるんでしまいます。

もうすぐ夏ですから、自信を持って水着なども着たいですよね。
お腹まわりの部分痩せに効果的なのが、「ドローイングダイエット」なんです。

とっても簡単なドローイングダイエット

出典:weheartit.com

ドローイングダイエットは、なんと1回あたり30秒ほどで終わり、特別な道具などもいらないとっても簡単なダイエット方法です。

簡単で時間もかからないのに、お腹をへこませるのに効果的だという、3日坊主の女子にもおすすめのダイエットなんです。

ドローイングとは

出典:weheartit.com

ドローイングとは、腹式呼吸を意識的に行うことで、お腹周りの内側の筋力を鍛えるダイエット方法のことです。

普段私たちは、意識せずに呼吸すると胸で息をするもの。
これを意識的に腹式呼吸にしてあげることで、腹筋周りのインナーマッスルを鍛えることができるのです。

筋肉がつけば、その分代謝が上がり脂肪を燃焼する力が増すのでウエストが細くなりますし、内蔵を内側に保てることで「ぽっこりお腹」を解消することが出来ます。

ドローイングの魅力は、1回30秒〜1分ほどの短時間でできること。
痩せたいけど忙しくてジムに通えなかったり、運動に時間が取れない人でも気軽にスキマ時間に取り入れることが出来ます。

ドローイングなら通勤中も、仕事中も出来る♡

出典:weheartit.com

ドローイングは腹式呼吸なので、例えば通勤中の電車であったり、仕事中のデスクなどでも実践出来ます。

器具なども必要なく、自分の体さえあれば出来るというところも嬉しいですよね。
とにかく時間がかからず、場所も選ばないので、今すぐ始められる簡単ダイエット法なんです。

1週間でウエスト-4cmも可能!

出典:weheartit.com

簡単にできるダイエット方法の「ドローイングダイエット」。

本当に痩せるの?と思った方も多いでしょう。
しかし、安心してください。痩せるんです。

ドローイングダイエットを毎日実践することで、1週間でウエストが4cm細くなったという人もいます。
1週間でこれだけ細くなれば、1サイズ小さいパンツを履くことも可能ですよね。

ドローイングでストレスも便秘も解消できちゃう♪

出典:weheartit.com

ドローイングというとダイエット…というイメージが強いですが、続けることでダイエット以外の効果も見られます。

腹式呼吸を繰り返し行うことで、セロトニンという神経伝達物質の分泌を促すことが出来ます。
このセロトニンは別名「幸せホルモン」としても有名。
セロトニンが十分に分泌することで、ストレスに強い体を作ることが出来ます。

そして、ドローイングを繰り返すことで腸の蠕動運動が促進されます。
そのため、便秘も改善されていきます。
朝、起きてすぐにドローイングすると便秘予防にぴったり。
ぜひ試してみてください。

ドローイングダイエットのやり方

出典:weheartit.com

①お腹いっぱいに空気を入れるように息を吸い込みます。
②めいっぱい吸い込んだ状態で息を止め、その状態を少しキープします。
③口からフーーーーーーーっとためた空気を吐ききるつもりでお腹を凹ませて、お腹を凹ませた状態を30秒キープします。

ドローイングダイエットは、これを繰り返すだけ。
とっても簡単ですよね。

ポイントは、お腹をたくさん動かすことと、やるときにお尻の穴も締めることです。
①〜③を10回繰り返すことを1セットとして、1日2回出来るようにしましょう。

もっと痩せたい人は有酸素運動と組み合わせて♪

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

一ノ瀬あや

ライター・コラムニスト。 波乗りとアロマが趣味です。 twitter→@ichinoseaya