絶対に売れる!フリマアプリで効率よく売るための3カ条♪

絶対に売れる!フリマアプリで効率よく売るための3カ条♪

2018年02月11日更新 hito 1427 view

もう着ない服や流行遅れしたモノを、いらないからといってゴミ箱にポイッとしてしまってはもったいないです。どこかで欲しがっている人がいるかもしれません。そんな人を見つけるために、フリマアプリを使ってみませんか?今みんなが使っているフリマアプリは、誰でも手軽に簡単に出品することができます。そこで売ったお金で、新しい服を買っておしゃれをもっと楽しんじゃいましょう。

これ、もう着ないな…

「そのときは流行っていて買ったけど、最近着てないな」
「可愛いと思って買ったら、結局着る機会なかったな」

自分では忘れていても、クローゼットを開けたら着なくなった服って多いもの。
そんなときは、フリマアプリが大活躍します。

みんな使ってる!おすすめのフリマアプリ

メルカリ

メルカリは、アプリダウンロード数1000万を突破した、今人気No.1のフリマアプリです。

メルカリの最大の特徴は、フリマアプリの中では最多のユーザー数を抱えていること。
「出品5秒で売れる」とネットニュースでも話題になっているほどユーザーが多いので、出品・購入の回転率がいいのです。


メルカリは出品がとっても簡単です。
アプリを起動するとワンクリックでカメラに接続することができて、撮影した画像はフィルター機能でキレイに加工することができます。
また、家電や優待券などのチケット、スポーツ用品など多種多様なものが幅広く出品できるので、使い勝手がとてもいいところも魅力です。

フリル(FRIL)

メルカリに次ぐ、こちらも大人気のフリマアプリです。
400万ダウンロードを突破し、Google Play BEST App2014など、数々の賞を受賞しているフリル。

フリルは女性限定であることが最大の特徴。
レディースファッションや育児用品など、女性の生活に特化した出品物が多いです。
目に見えないウェブでの取引は不安が多いので、女性限定だと安心できますね。

知ってトクする!フリマアプリで効率よく売る3カ条!

1.キレイな写真を使うべし!

大きな判断基準になる写真は、最も重要となります。
可愛いワンピースであっても、背景がごちゃごちゃしていて全体的に写真が暗いと、商品の魅力は半減してしまいます。
写真を撮るときは、以下の3つのことを心がけてみましょう。

①商品に汚れがないかをチェック。
シワがある場合はアイロンがけをしましょう。

②背景はシンプルな単色がオススメ。
ポスターや雑貨など、生活感が出ないように心がけると◎

③フィルター加工をして写真の明るさなどを調整。
部屋の照明などでどうしても写真が暗くなってしまうことがあります。
そんなときは、写真を撮ってから明るさを調整したり、フィルター加工したりするのがおすすめです。
※商品の色が変わらない程度に加工するようにしてくださいね。

1度は人の手に渡ったものなので、キレイなものでも半額くらいの価値になってしまいます。
これ以上は下げられないという金額よりも、500~1000円くらい高く設定しておきましょう。
コメントで値下げを求められた場合は、そこで値下げしてあげると購入者はお得感が生まれます。
また、送料込みの方が売れる傾向にあります。

2.メディア掲載やモデル着用などの情報は使うべし!

人気ブランドや流行モノは、ブログでモデルさんが載せていたり、雑誌に掲載されていたりすることが多いです。

「○○ちゃん着用!」
「雑誌○○の、△月号掲載!」
このように、メディア掲載情報は積極的に書くことをオススメします。

着用していることがわかる写真や、掲載されていることがわかる写真があれば、正確性が出てなおgood。
可愛い子が着ているモノって、自然と欲しくなりますよね。

これで、1.5倍くらい人気が出ますよ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

hito

love♡fashion/make/beauty/music/food/korea|Instagram:@hi_413_chan