春の準備♡いつもの料理に使える”キッチンハーブ”を育てよう!

春の準備♡いつもの料理に使える”キッチンハーブ”を育てよう!

2018年01月20日更新 一ノ瀬あや 1118 view

いつも何気なく作っている料理でも、ハーブを添えるだけでぐっとおしゃれになるのは知っていますか?ハーブは市販のスパイスやティーバッグ、野菜として購入するとどうしても高くついてしまいます。せっかくの春ですから、インテリアにもなる”キッチンハーブ”を育ててみませんか?

キッチンハーブって?

キッチンハーブとは、その名の通り、料理によく使われるハーブ(香草)のことです。
パセリやバジルなどもおなじみですし、和食に使われるシソや三つ葉なんかもキッチンハーブの一種です。

キッチンハーブを育てるメリット

【メリット1】いつもの料理にすぐ使える!

気合いを入れて料理を作ったけど、なんだか彩りが足りない…という時、ありますよね。
そんな時、キッチンハーブを少し添えるだけで一気にカフェ風な雰囲気になります。

もちろんスパイスとして使ったり、サラダに入れたり、スープに入れたりしても美味しいです。

【メリット2】おしゃれなインテリアになる!

キッチンに緑があるのとないのでは雰囲気が大きく変わります。
水回りにグリーンのハーブを置くことで、おしゃれなインテリア代わりになるんです。

【メリット3】キッチンに立つのが楽しくなる!

見ていても綺麗なハーブは、料理に使っても美味しいのでキッチンに立つのがとても楽しくなります。

毎日すくすくと育つハーブを見ると、1日の始まりもウキウキしてきますよ。

育てやすいキッチンハーブ

バジル

イタリア料理には欠かせないハーブのひとつです。
丈夫で育ちやすいので、キッチンハーブ初心者はまずバジルからトライするのがいいかも。

こんもりと育つので、インテリアとしてもGOOD。
いつものパスタやスープに気軽にプラス出来ます。

パセリ

肉料理や魚料理の彩りとして、パセリがあるととっても便利です。
パセリを少し添えるだけでぐっとこなれた盛り付けに。

刻んでサラダやスープに入れても美味しいですよ。

ミント

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

一ノ瀬あや

恋に恋するライター・コラムニスト。 twitter→@ichinoseaya