今年はネイルもオリンピック仕様に♡指先に国旗柄を上手に描くポイント

今年はネイルもオリンピック仕様に♡指先に国旗柄を上手に描くポイント

2016年07月26日更新 あーちゃん 573 view

もうすぐ、4年に1度のスポーツの祭典、オリンピックが開催されます。今年も多数の国が参加し、様々な戦いを見せてくれることでしょう。そんなオリンピック、現地で、そしてテレビでと、様々な方法で観戦し、応援する人も多いはず。ユニフォームを着て気分を盛り上げる人も出てくると思いますが、この期間、ネイルもオリンピック仕様にしてみませんか?

オリンピックがやってくる!

出典:weheartit.com

2016年の夏、オリンピックがやってきます。
4年に1度の祭典ということもあり、首を長くして心待ちにしているスポーツファンも多いでしょう。
もちろん、日本人なら日本を応援したいところですが、他の国にもすごい力を持った選手がたくさんいます。
そんな彼らを応援したくなることもありますよね。
最近では、ユニフォームを着たり、顔に国旗柄をペイントしたりしてサポートする熱狂的な人も多いです。

国旗柄ネイルで応援しよう♡

ユニフォームを買い、顔にもペイントしたら、次は指先を彩ってみましょう。
テレビの前で手を叩いて応援したり、会場で手を振って応援したりすることもありますよね。
そんなときに目に入る指先。
ここが国旗柄で彩られていたら、オリンピック気分がさらに盛り上がると思いませんか?
今回は、指先に上手に各国の国旗柄を描くポイントをご紹介していきます。

日本

まず、ジャパニーズなら絶対に応援したい日本。
日本の国旗は、白と赤が大きなポイント。

白で塗った中に、キレイに赤い丸を描けば、それだけで日の丸国旗ネイルのできあがりです。
ただ、日本の国旗はシンプルなため、それだけだと物足りない、という人もいるかもしれません。
その場合は、フレンチネイルにしたり、ストーンを乗せたりして、アレンジを楽しんでみてください。
日本の選手が頑張れますように。

イギリス

イギリス国旗は、品のあるユニオンジャックが素敵ですよね。
この模様は一見難しそうですが、コツをつかめば簡単です。

まずベースとなるブルーを塗り、その上に赤いネイルポリッシュでユニオンジャックの模様を描きます。
そのあと、細いネイル用の筆で赤い模様を白で縁取れば完成。

直線を引くだけの模様なので、案外スムーズにできますよ。
オリンピック以外にも、ロンドンに旅行に行くときなどにも使えます。

ブラジル

2016年、今年のオリンピックはブラジルのリオデジャネイロで開催されます。
それなら、指先はブラジル国旗にして気分を盛り上げていきましょう。

ブラジル国旗は、グリーンとイエローのカラーの中に青い円があるコントラストが目を引きます。
ベースカラーのグリーンを塗ったら、その上にマスキングテープなどを使ってイエローの四角形を描きます。
その中にブルーの円を描けば、ブラジル国旗の出来上がりです。

アメリカ

大国、アメリカの国旗といえば、星条旗。
ポップな赤のボーダーと星の模様がポイントです。

ネイルをラインテープなどで区切ったら、片方に赤いボーダー、片方にブルーベースに星マークなどを入れれば、アメリカ国旗の雰囲気が出ます。
星マークは描くととても難しいので、市販の星マークのホログラムやストーンを使うと簡単に仕上がります。

フランス

フランスの国旗といえば、上品で可愛いトリコロール柄。
これは、白、赤、青の3色があれば簡単です。

トリコロールはシンプルな横線のみでできているので、特に難しくありません。
ただ、色の配置は決まっているので、間違えないようにしましょう。
青、白、赤の順番に縦でも横でもいいので、ラインを入れましょう。
これだけでトリコロールができるので、指先は一気にフレンチな雰囲気に仕上がります。

シンプルで少し物足りないという人は、水玉模様やエッフェル塔などのデザインを入れるとさらにオシャレになります。

ジャマイカ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR