今さら聞けない…。ココナッツオイルってどう使うの?!超簡単な活用法

今さら聞けない…。ココナッツオイルってどう使うの?!超簡単な活用法

2016年02月17日更新 一ノ瀬あや 1525 view

近年大流行中のオーガニックフード「ココナッツオイル」。プラザや薬局をはじめ、スーパーなどでも気軽に買えるようになりましたよね。でも、どうやって使うのかわからず家に置いたままになってしまっている女の子、多いのでは?今回は、今さら聞けないココナッツオイルの活用法をご紹介します。

ココナッツオイル…買ったはいいけど、どうやって使うの?

流行ってたから買ったはいいけど、使い方がわからない…。
と、超有能なココナッツオイルを寝かせてしまっていませんか?

ココナッツオイルは日常の料理に簡単に活用できます。
そして、食用以外でも活用できるのがココナッツオイルの魅力。
簡単なので、ぜひマスターしてくださいね。

ココナッツオイルは、常温で固まる!

ココナッツオイルは、温度で固さが変わるのが特徴だと覚えておきましょう。
大体20度〜25度が使いやすい柔らかさになっている状態です。

20度以下だと固まっているので、湯せんで溶かすなどの工夫を。
25度以上になると溶けて液体になるので、そのまま料理用オイルとして使いやすい状態になります。

超簡単なココナッツオイル活用法

1.そのまま食べる

ココナッツオイルは、それだけで十分甘さがあり美味しい食材です。
スプーンですくってそのまま食べてもOKですよ。

2.バターの代わりにトーストに塗る

一番身近な使い方がこちら。
バターの代わりにトーストに塗ると、柔らかい味になりおすすめです。
特に、マーガリンにはトランス脂肪酸という体に悪い成分が入っているため、毎日マーガリンを使っているという方は、ココナッツオイルに変えてあげるのが健康的にはベター。

3.コーヒーや紅茶に一杯入れる

朝飲むホットドリンクにココナッツオイルをスプーン一杯分落としてあげましょう。
温かい飲み物にはすぐに溶けるので、気軽にココナッツオイルの栄養分を摂ることができます。
ミランダ・カーも緑茶に落として飲んでいるそうですよ。

4.料理用油として使う

普段はサラダ油やオリーブ油で料理することが多いと思いますが、全てココナッツオイルで代用が可能です。
特に、野菜炒めなどはココナッツオイルで炒めると味がまろやかになって美味しいですよ。

有名アスリートは体のためにサラダ油は使わず、料理は全てココナッツオイルを使うそうです。
もちろん、揚げ油として使うのもOKです。

ココナッツオイルのアイディアレシピ

ココナッツオイルのマヨネーズ風ソース

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

一ノ瀬あや

ライター・コラムニスト。 波乗りとアロマが趣味です。 twitter→@ichinoseaya