顔の歪みは諦めないで♡セルフでできる小顔矯正マッサージ

顔の歪みは諦めないで♡セルフでできる小顔矯正マッサージ

2017年04月20日更新 あーちゃん 2374 view

顔の歪み、気にしたことはありますか?パッと見はわからなくても、顔が少し歪んでいると相手にも少し違和感を持たれてしまいます。しっかりと歪みを改善して、骨格から美人を目指しましょう!

均整のとれた顔が美人のポイント!

鏡を見ていると、あれ、なんか顔のバランスがおかしい!そんな風に気づく時もあると思います。
実はそれ、顔が歪んでいるのかもしれません。

一般的に美人と言われる人は、均整のとれた顔をしていて、バランスの良い顔立ちのことが多いと言われています。

どうして顔は歪むの?

では、なぜ顔は歪んでしまうのでしょうか?
それにはキチンとした理由があるのです。顔の歪みを直す前に、しっかりと学んで今後同じことが起こらないように、原因を確認しておきましょう。

①噛み合わせが悪い

食べ物を食べる時、気づくといつも同じ方の歯でばかり噛んではいませんか?
片方の歯でものを噛み続けると、次第に顔などの筋肉がゆがんでしまい、結果、骨までゆがんでしまう結果になるのです。
食事の際には、両方の歯でバランス良く咀嚼するように意識して心がけていきましょう。

②歯を食い縛ることが多い

悔しいとき、痛みを感じたとき、人は歯を食いしばってしまう傾向があります。
でも、実はこれも顔の歪みの原因になってしまうのです。

歯をくいしばると、普段咀嚼するよりも強い力がかかります。
そうすることによって歯や周りの筋肉がダメージを受け、少しずつバランスを崩して筋肉や骨がゆがんでしまうのです。

気づいたら、なるべく歯を食いしばらない様に心がけていきましょう。

③利き目を多用

横になって携帯を開くときなど、片目ばかりを酷使している時もあると思います。
実はこれも体に悪い行為なので、なるべく控えましょう。

片側の目の筋肉ばかり使われると、片方だけの筋肉が発達し、筋肉全体のバランスが崩れてしまいます。
そうなることで、顔の歪みの原因になってしまうのです。
ものを見るときはしっかりと水平の状態で、バランス良く目を使ってみるようにしましょう。

④頬杖をつく

何か考え事をしている時、無意識に頬杖をついてしまう人も多いと思います。
実は頬杖も、顔を歪ませる原因となる行為なので、できれば避けたほうがいいでしょう。
片方だけの頬杖は骨格にアンバランスに力をかけてしまい、結局顔全体が歪んでしまうことになります。

癖で頬杖をついてしまいそうになったら、せめて両手で頬杖をつくようにしましょう。
ただ、両手でも頬杖は顔にはいい影響は与えないので、なるべく頬杖自体をつかないように意識していくことが大切です。

顔の歪みに効くマッサージ

顔の歪みの原因は様々あることを紹介しましたが、では実際、どのようにして歪みを改善していけばいいのでしょうか?
各部位ごとに歪み解消の方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

顎の歪み

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR