信頼できる部下になりたい!新入社員が心がけることって?

信頼できる部下になりたい!新入社員が心がけることって?

2019年04月15日更新 あーちゃん 229 view

春から新入社員として働くという人も多いと思いますが、人間関係が重要になる会社という組織では、きちんと礼儀を心得ておくことが何よりも大切です。では、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

ついに私も社会人

春は卒業や入学、新生活を迎える時期です。春から新社会人として憧れの会社で働くという人も多いのではないでしょうか。

新しい環境に身を置くのを前に、ドキドキしている人も多いと思います。

入社したら心がけたいこと

会社に入社したら、できる限り周りの人といい関係を築き、仕事ができる社員になりたいという意欲を抱いている人もいるでしょう。

では、新入社員として心がけにはどのようなものがあるのでしょうか。

「ほうれんそう」を徹底する

会社員になったら、同じ社内で働く人と一緒に業務に取り組んでいくことになります。
そのため、自分の仕事の進行具合をしっかり「報告・連絡・相談」することが大切です。
これは社会人として最重要の常識灯されているので、しっかり心がけて他の社員の人と良い関係を築きましょう。

雑用も積極的に行う

トイレ掃除や棚の整頓など、雑用の仕事というのは面倒に感じてしまいますよね。
しかし、そのような面倒な仕事を積極的に行うことで、先輩や上司からの評価が高まり、信頼されるようになります。

歴史上の人物でも、雑用係から成り上がった人が何人もいるのでこれはとても重要なポイントと言えます。

言葉遣いに気をつける

会社に入ったら、上下関係が生まれるので、年上の人や上司にはきちんと敬語を使いましょう。

学生の頃は友達とタメ口で話してばかりだったという人も、会社でそれをやってしまうとひんしゅくを買ってしまうので要注意です。正しい敬語が使えるように、あらかじめ勉強しておくことも大切です。

ハキハキと受け答えをする

会社に入ったら人と接する機会も増えるので、先輩と話す際にはハキハキと元気よく受け答えをすることが大切です。

ぼそぼそ話すと上司も苛立たせてしまうことがあるので、気をつけましょう。
無理をして大きな声を出す必要がありませんが、なるべく明るく元気に話すことが大切です。

素直な態度を心がける

新入社員のうちは、ミスをして先輩や上司に怒られてしまうこともあるでしょう。

そんな時にふてくされた態度をとってしまうと、嫌われてしまう原因になってしまいますし、ますます上司を怒らせてしまう場合があります。
自分のミスをしっかり受け止め、素直に謝罪しましょう。

感謝をきちんと伝える

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR