結婚にときめきって必要?ときめかない相手と一生愛し合える?「結婚と恋愛は別」の真意とは

結婚にときめきって必要?ときめかない相手と一生愛し合える?「結婚と恋愛は別」の真意とは

2017年11月22日更新 くたまんご 776 view

「結婚と恋愛は別」とよく聞きますが、それって本当!? 相手にドキドキやトキメキがなくても一生愛し合えるものなのでしょうか。逆に結婚にはトキメキなんていらないの?今回は気になる「結婚」と「恋愛」の違いとトキメキについてみていきましょう!

「結婚」と「恋愛」は違う…本当に!?

よく、結婚と恋愛は違うと聞きますが実際のところはどうなのでしょうか。
好きな人とずっと一緒にいたいから結婚するのであって、なぜ、結婚と恋愛は違うと区分けされてしまうのか気になりますよね!

「結婚」は「生活」

結婚は「生活」そのものです。
いま自分が生活しているスタイルと相手の生活スタイルをいかに融合させていくか、安定させていくかが結婚です。

結婚に憧れる女性からすれば「そんな夢のないこと言わないで!」と思うことでしょう。

同じ家で暮らすとは、自分の生活スタイルを相手に理解してもらえるか、相手のスタイルをこちらが受け入れられるかということです。

些細なことで合わなかったり、振り回されたり、生活スタイルが安定しないとストレスフルな毎日になってしまいます。

生活を安定して継続させられるかどうか

よって、結婚は「2人の生活をいかに安定して継続させられるか」という結論に行きつきます。
たまのことなら振り回されたり、相手と喧嘩したり、嫉妬やハプニングもドキドキで楽しいですが、日々それだと疲れてしまいますよね。
毎日同じ空間で相手と過ごすには「安らぎ」「安定」「居心地の良さ」が必要なのです

「恋愛」は「刺激」

逆に恋愛は「刺激」が求められます。
相手と初めて何かをする新鮮さ、ワクワク感、ドキドキなど、全てが刺激に繋がります。
デートの後に分かれた寂しさや会えない辛さ、連絡が取れない不安など「刺激」によって自分が恋愛をしている!という気になるのです。

そして、それらが暫くするとお互いに慣れてきて「マンネリ」や「最近ツマラナイ」という倦怠期に入ってしまいます。

この「慣れ」を良しとするか、悪しとするかで「恋愛と結婚は別」と呼ばれる定義に戻ってくるわけです。

刺激がないなら恋愛じゃない?

何でもそうですが、やり始め、スタート期などは何をしても楽しく新鮮に感じられるものです。
こと恋愛においてはちょっとした相手の行動や仕草に「ドキッ」として、トキメキを感じられるもの。
では、慣れてきてドキドキがなくなったら恋愛と呼べないのでしょうか?
相手と結婚して一緒にいる意味はないのでしょうか。

ドキドキやトキメキだけが「愛」ではない

確かにドキドキやトキメキは心が揺さぶられて楽しいものですが、それだけが「愛されてる証拠」ではありませんし、「恋愛している証拠」でもありません。

「慣れ」には「慣れ」にしか得られない心地よさがあり、穏やかな愛を手に入れることができます。

刺激は確実に薄れるが、代わりに得られるものがある

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

くたまんご

よろしくお願いします。