指先のケア、ちゃんとしてる?混ぜるだけで簡単にできる手作りネイルオイルの作り方

指先のケア、ちゃんとしてる?混ぜるだけで簡単にできる手作りネイルオイルの作り方

2016年01月11日更新 あーちゃん 2749 view

女の子の身だしなみのひとつ、ネイル。セルフネイル派も、サロン派も、自分の爪に気を配ったことはありますか?アートで綺麗に見せるだけでなく、爪自体のケアもとっても大切。そこで、自分でできる手軽なネイルオイルの作り方をご紹介します。

ネイルオイルとは?

何回もネイルを続けると、爪が次第に傷んできます。
また、特に冬場は指と同じように乾燥も気になります。
この状態になると、ネイルアートもしづらくなってしまいます。
そんな爪の傷みを改善し、潤いを与えてくれるのがネイルオイルです。

ネイルオイルは自分で作ることができるので、手作りネイルオイルで爪のケアをしてあげましょう。

ネイルオイルの作り方

用意するもの

ホホバオイル 10ml
精油 1滴(ネロリやラベンダーなど、お好みのもの)

作り方①容器にホホバオイルと精油を入れて混ぜる

容器にホホバオイルと精油を入れたら、竹串などでよく混ぜてください。
基本的に作業はこれだけです。

作り方②好きな容器に詰め替える

お好きなボトルに詰め替えたら出来上がり。
マニキュアと同じく、刷毛付きのボトルだと塗りやすいですよ。

ネイルオイルの塗り方

①指先を温める

指先が冷たいと栄養たっぷりのオイルもうまく浸透しません。
お風呂上りなど、指先が温まっているときにつけるのがおすすめです。

②甘皮を中心にオイルを塗る

出典:be-agent.jp

爪だけでなく、甘皮に栄養を行き渡らせるのが綺麗な指先をつくるコツ。
甘皮の部分を中心に、直径5mmほどの量のオイルを塗ります。

③塗り込んだら3秒ほどマッサージをする

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR