嘘のようなホントの話♡運動しないで"くびれ"を作る方法

嘘のようなホントの話♡運動しないで"くびれ"を作る方法

2018年12月15日更新 sayakayamamoto_ 423 view

お腹はすぐに結果が出る分食べるとすぐにポッコリ出てしまうところ…ウエストを細くするためにはフラフープをしたり、 ねじり運動をしたり腹筋をしたり、と運動をしなければならないと思いがちですが、実は運動をせずにスッキリ“くびれ”を作れる嘘のような方法があるのです。

お腹にはお肉がつきやすい!?

お腹の内側には臓器がたくさんあります、
そして赤ちゃんを育てる大切な場所。
守るものが多くあるので
どうしても脂肪がつきやすくなっているのです。

そんなウエストが運動なしで細くなる?その方法とは?

「姿勢に気をつける」

それだけ?と思うかもしれませんが、
実は正しい姿勢で長時間いることはとてもしんどいです。
それは普段つかっていない筋肉を使っている証拠です。

そして筋肉が刺激されれば代謝がよくなり、痩せやすいカラダになります。
正しい姿勢を続けていると、骨が本来あるべき場所にきちんと収まるようになり、臓器もきちんとした場所に収まることで消化機能があがり便秘が解消され、くびれができやすくなります。

「ドローイン」

ドローインとは息を吸ってお腹をへこませること。
気がついた時に息をたっぷり吸ってお腹を凹ませましょう。
続けることでインナーマッスルが鍛えられます。

ウエスト周りの筋肉が鍛えられ、くびれが作られます。
ウエスト周りの筋肉が鍛えられると、体幹ができ、痩せやすいカラダになるので全身にダイエット効果が表れます。

「巻くだけダイエット」

これはドローインと効果は同じなのですが、ヒモをお腹に巻くことで常にお腹に意識がいくので、効果が出しやすいということがあります。

この方法は、綺麗なくびれで有名な女優の釈由美子さんも実践しています。

ツライことはしなくてOK!意識をするだけ!

難しいことやストレスになるようなことは一切なし。
日々の生活の中で、姿勢や腹筋を意識するだけの“ながらダイエット”で憧れのくびれは実現できます。

キッチンに立っている間、通勤通学の電車に乗っているとき、お買い物中など、スッと姿勢を正してお腹をへっこめて過ごしましょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR