不潔に見えちゃう……嫌な脇汗染みを服にしみこませないための予防法とは?

不潔に見えちゃう……嫌な脇汗染みを服にしみこませないための予防法とは?

2017年05月19日更新 あーちゃん 1305 view

夏になるとイベントも多いのでワクワクしてしまいますよね。しかし、暑い季節ならではの汗の悩みも出てきてしまう季節でもあります。汗の悩みを上手に攻略して、快適な夏を思う存分堪能しましょう♡

夏は脇汗の季節……?

夏になると、気温も上がり、汗をかきやすくなりますよね。
脇汗がひどくて、いつもTシャツに染みて恥ずかしいと思っている人もいるのではないでしょうか。
体温調節のためとはいえ、汗の染みが目立つのは汚く見えてしまいますし、なるべく避けたいですよね。

脇汗を服にしみこませないためには

脇汗というのは、人によってその量も変わりますが、出てくるとすぐに服についてシミになってしまいます。
では、発生した汗で服を汚さないためには、どのような対策をとったらいいのでしょうか。

制汗スプレーをする

夏場になると、薬局に汗を抑えるための制汗剤が数多く並び始めます。
その中でも使いやすいのがスプレータイプのもので、肌に一ふきするだけでいいので楽チンです。
通常は大きな間のスプレーが多いのですが、最近では持ち運びに便利なようにミニサイズのものも販売されているので、シチュエーションに応じて使い分けるといいでしょう。

服に脇汗パッドをつける

最近は、汗わきパッドなどの便利なアイテムが販売されているので、これを使用してみるといいでしょう。
洋服の脇の部分に貼り付けることで、服に直接汗が当たらないので、汗染みができる心配がありません。
また、汗わきパッドは服の内側に取り付けるので、外からはつけているのがわかりません。

こまめに拭き取る

汗がどんどん出て服にシミが着くと、清潔感が失われて見苦しくなってしまいます。
そのため、汗をかいてきたと感じたら、こまめにタオルなどで拭き取るようにしましょう。
乾いた布よりも濡れた布の方が汗や臭いを除去することができると言われているので、タオルを濡らして使うようにしましょう。
また、市販の制汗用のシートなどもおすすめです。

汗取りのインナーを着用する

制汗アイテムは持って歩くのが面倒だし、脇汗シートも服を脱ぎ着する際などにもし見えてしまったら恥ずかしいし、何より貼り付ける手間などがかかるのでいや、という人もいるでしょう。
そのような場合には、汗取りインナーを中に着ておくといいでしょう。
脇部分などに汗を吸収するパッドなどが入っている上に、見た目は普通のインナーなので、汗ケアだとバレる心配はありません。何より着るだけなので楽チンです。

脇汗を予防するには?

出てしまった汗をケアする方法を紹介しましたが、できることなら汗自体を抑えてケアの手間がかからないようにしたいという合理性重視の人もいると思います。
それなら汗予防ができるアイテムを使うのがおすすめです。

通気性のいい服を選ぶ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR