【アイロンがけの基本】知っておくだけで役に立つ6つの基礎

【アイロンがけの基本】知っておくだけで役に立つ6つの基礎

2015年07月17日更新 yun 2626 view

アイロンがけってなんだか難しい。そう思っている方でも、アイロンの基本を理解すれば案外簡単に終わらせることができるものです。今回は、知っておくと便利なアイロンがけの基本中の基本をご紹介します。

アイロンがけって難しい

出典:instagram.com

しわしわの服は着たくないけれど、アイロンがけは苦手。
そんな方も多いのではないでしょうか。
しかし、アイロンがけは基本さえちゃんと理解すれば簡単に行えるものなんですよ。

アイロンがけの基本

1.温度に気を付ける

出典:instagram.com

アイロンは「低」「中」「高」と温度が分かれています。
服の素材によって適切な温度が変わってくるので、正しい温度でかけることが大切です。

間違った温度でアイロンがけを行ってしまうと、いつまでたっても綺麗な仕上がりになりません。
また、服を傷めてしまうこともあるので、服の絵表示をしっかり確認して適切な温度でかけるようにしましょう。

2.アイロン台を必ず使う

出典:instagram.com

アイロンがけを行うときは必ず足つきのアイロン台を使うようにしましょう。
これを使わないと、火傷をしてしまう危険があります。

コンパクトなアイロン台なら場所をあまり取らないし、ササッと出せるのでオススメです。
コスパもいいので嬉しいですよね。

3.スチームをうまく活用する

出典:instagram.com

ウールなどのシワを伸ばしたいときや、ズボンに折り目をつけたいとき、セーターの形を整えたいときなどに活躍してくれるのがスチームです。

出典:instagram.com

ドライはスムーザーやアイロン用キーピングを使うとき、合成繊維にかけるとき、絹などの薄物に生乾きでかけるときなどに使います。

素材や目的に合わせてドライとスチームをうまく使い分けられるようになれば、より綺麗な仕上がりになりますよ。

4.汚れは前もって取っておく

出典:weheartit.com

汚れた服にそのままアイロンがけをしてしまうと、汚れがこびりついて落ちにくくなってしまいます。
アイロンをかける前にきちんと洗濯を行うようにしましょう。

服についているホコリも同様です。
コロコロなどでしっかりと取り除いてからアイロンがけを行うようにしましょう。

5.スムーザーを使用する

出典:www.kao.com

しつこい洗濯ジワを綺麗に伸ばしたいときは、スムーザーの力を借りましょう。
シワが気になる部分にスムーザーをつけてからアイロンをかけることでアイロンの滑りがよくなります。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yun

シンプル可愛いを勉強中