春は危険!新しい環境の中では、外食続きで太りやすくなるかも?!

春は危険!新しい環境の中では、外食続きで太りやすくなるかも?!

2018年05月13日更新 ツル 127 view

新生活の始まり!歓迎会やランチのお誘い、ついつい外食が多くなりがち。そして、慣れない生活に疲れてストレスもたまりやすい。そんな忙しい環境の中、自炊する時間もなく外食も増えていき気づいたら体重が大変なことに!かといって、仕事もプライベートも大忙しの女子にとって、外食はなくてはならないものでしょう。ここでは、外食を上手に使いどんなメニューを選べば、太りにくいかのポイントを紹介していきたいです。

外食が太るっていわれるのは、どうして!?

「外食は太る」 「自炊は太らない」 というイメージがありますが、実は必ずしもそうではないようです。
自炊でもカップラーメンやインスタント食品では健康にいいとはいえないですよね。
でも、手間ひまかけた手料理も忙しい日々の中では、現実的ではありません。

だからこそ、外食をちょっと上手に使ってみてはどうでしょう?
キレイやヘルシーを手に入れるために必要なのは「外食をしない」ではなく「外食で何を選ぶか」なのです。

何も考えずに外食していると太っちゃうかも?外食の問題点

~その1~

外食には原材料や栄養成分の表示義務がありません。
だからイメージでなんとなく「太りにくそう」というメニューを選んでしまい、結果太ってしまうなんてこともありえるのです。

~その2~

いつ行っても、どこで食べても同じ味が楽しめる。
みんなが好きな味=くっきりとした、わかりやすい味。
でも、わかりやすくておいしい味つけは、どうしても濃くなりがち。
塩分や糖分がたくさん含まれている可能性もあるので注意が必要です。

外食のメニュー選びポイント

~うどんはトッピングが大事~

シンプルなぶっかけうどん。カロリー低めと思っていませんか?
実は、麺だけのうどんは太りやすいメニューの代表といわれています。
うどんの栄養素は炭水化物がメイン、つまりほぼ糖質です。
ヘルシーに見えて実は逆効果なのです。

では、何のトッピングがベストなのか。
それは、たまご。
たんぱく質を効率よく吸収できる「温玉ぶっかけうどん」は
おなかもカラダも大満足!

他にも自分の状況に応じて、賢く選んでみましょう。
○コレステロールが気になる:わかめ
○胃腸の調子が悪い:大根おろ
○ビタミン不足:季節のかき揚げ・かぼちゃ天・さつまいも天
○たんぱく質不足:えび天・いか天・ちくわ天

焼き肉で脂肪燃焼

お肉は太るイメージがありますよね。
もちろん食べ過ぎは厳禁。
コツさえつかんでいれば太るどころか、むしろ女子にうれしい効果もあるのでご安心を!

まず食べるなら、「牛角カルビ」よりもカロリーも脂質も半分の「牛タン塩」がおすすめ。
牛タンも脂肪分が少ないとはいえませんが、ビタミンB1や鉄分を多く含んでいて栄養満点。
レモン汁をつけて食べれば、胸やけしにくく代謝もアップ。

これさえ守ればOKな焼き肉ルール

①最初はサラダ&スープから

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

ツル

よろしくお願いします。