クリスマス以外でも使える!インパクト大な”赤ニット”のおしゃれな着倒し術♩

クリスマス以外でも使える!インパクト大な”赤ニット”のおしゃれな着倒し術♩

2016年01月27日更新 yun 1414 view

赤ニットはコーデのアクセントにもなってくれるお助けアイテムでもあります。クリスマス以外にもとことん活用できる赤ニットの着倒し術をぜひご覧ください。

冬こそ存在感バツグンな赤ニットを活用しよう!

冬コーデはどうしてもダークカラーアイテムが増えてしまい、全体が暗くなりがち。
そんな時期だからこそ、赤ニットで華やかさをコーデにプラスしちゃいましょう。

赤ニットで作る冬の華やかコーデ

迷ったらブラックアイテムと合わせてみて

出典:wear.jp

どんなアイテムと赤ニットを合わせようか迷った方は、とりあえずブラックのアイテムをONしましょう。
ブラックの暗さほど赤ニットを引き立ててくれるアイテムはありません。

出典:wear.jp

パンツスタイルも赤×黒ならクール感あり。
アウターとボトムスをブラックでまとめても暗くならないのは赤ニットの力です。

出典:wear.jp

ライダースを足してマニッシュに決めるのもいいですね。
トップスはINして、ちょっとレトロ感を出すのが今年流でもあります。

柄物を合わせてとことん派手に着こなす

出典:wear.jp

存在感のある赤ニットだからこそ、より目立つ柄物をONするのも◎
同じ暖色系の柄物を選ぶことで、コーデがまとまりやすくなります。

出典:wear.jp

スタイリッシュさを重視するときは、ストライプに頼りましょう。
ホワイトシャツをチラ見せするところがこなれ感を演出できるポイントでもあります。

出典:wear.jp

ギンガムチェックを取り入れるなら、今年流行のウエストリボンをチョイスしてみましょう。
グレーのタイツなどを合わせることで、ガーリーになりすぎるのを防ぐこともできます。

フェミニン派はつけ襟でレトロgirlに

出典:wear.jp

上品に赤ニットを着こなしたいときは、つけ襟をプラスしましょう。
ビジューつきなら春のトレンドでもあるふんわり系のスカートとも合わせやすいですよね。

出典:wear.jp

つけ襟ならパンツスタイルだって女の子らしく決められます。
ちょっぴり渋めの帽子でハズすのもテクニックのひとつです。

デニムスタイルなら春でも着られる

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

yun

シンプル可愛いを勉強中