「もう無理」って諦めないで!腰についてしまった脂肪を落とす方法

「もう無理」って諦めないで!腰についてしまった脂肪を落とす方法

2017年02月13日更新 あーちゃん 2547 view

腰回りについた厄介なお肉って、なかなか落とすことができなくて、諦めかけてしまっている、という人も多いのではないでしょうか?実は、手軽な方法で腰回りの脂肪を落とすことができるんです。

腰の脂肪、気になる……

出典:01.gatag.net

少し前まではそんなことなかったのに、年々腰回りにお肉がつきやすくなっている気がする……そんな女性も多いのではないでしょうか。

腰回りのお肉というのは、なかなか落としにくいですし、困りますよね。

そもそもどうして腰の脂肪はつくの?

では、つきやすく落としにくい腰まわりの脂肪というのは、なぜついてしまうのでしょうか。
原因をきちんと知っておくことができれば、脂肪のつきにくい体にすることは十分可能なんです。

基礎代謝の低下

人間にはもともと、基礎代謝というものがあります。
特に運動などをしなくても、消費されるカロリーのことです。

10代の若い頃には、基礎代謝量が高いため、たくさん食べても太りにくい体質の人が多いものです。
しかし、基礎代謝量は年齢を重ねるにつれてどんどん低下してしまいます。
そうなると、食べる量が減らなければ、どんどん余分な脂肪として蓄積されてしまうのです。

ストレス

ストレスが腰回りの脂肪の原因になるわけがない!と思う人もいるかもしれませんが、残念ながらストレスも腰回りにお肉がつく要因となってしまうのです。

というのも、ストレスを感じると体じゅうの筋肉が萎縮して、心拍数は通常の数倍にまで上がります。
そうなると血液中に全身から栄養素がギュッと集められることになります。
しかし、ストレスが原因なのでしばらくすれば心拍数は元に戻ります。
その時、行き場を失った栄養素がお腹周りに脂肪として蓄積されてしまうのです。

冷え

冷え性の女性は特に注意して欲しいのですが、体の冷えも腰回りに脂肪をつけてしまう原因となります。

女性の体は冷えやすいと言われていますが、それは男性より筋肉量が少なく、熱を作り出しにくいと言われているからです。
また、自律神経や女性ホルモンが乱れることによって血行が悪くなったり、月経で熱を運ぶための血液が奪われてしまうことも原因とされてます。
そうして冷えた部分には、脂肪や老廃物といった余分なものがつきやすくなってしまうのです。

小麦食品を食べる

私たちは、知らず知らずのうちに小麦粉を原料として食品を食べています。
例えば、パンやパスタ、カレーのルーなどにも小麦粉が使われていますね。
小麦粉を含む食品を食べると、お腹周りにお肉がつきやすいと言われています。
小麦粉を含んだ食品はたくさんあるので、なるべく意識的に小麦粉が少ない食品を選ぶようにするといいでしょう。

腰回りの肉を落とすには

腰回りに脂肪がついてしまう原因を紹介しましたが、もう既にお腹周りが気になり始めているという人もいますよね。
そんな人はこれから紹介する方法を試してみるといいかもしれません。

筋肉をつける

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR