夏なのに化粧崩れしてない!涼しげ美女のポーチの中身って?

夏なのに化粧崩れしてない!涼しげ美女のポーチの中身って?

2017年08月11日更新 misato 1008 view

うるうるサラサラの朝メイクしたての肌がずっと続けばいいのに…メイク崩れの悩みは尽きませんよね。メイク直しのためにポーチにはたくさんのアイテムを入れて持ち運んでいる方も多いと思います。でも、自分のメイク崩れの原因を知れば、持ち歩きコスメも少なくて済むかも?メイク崩れの原因を知って、涼し気肌をキープする方法をチェックしていきましょう!

夏でもメイク崩れゼロに♡

朝のメイクしたての肌って、潤いもありつつきめ細かくてさらさらでうっとり。
きれいなメイクは自分に自信が持てますよね。

でも昼になって鏡を見たら、乾燥で粉吹き、アイライナーが落ちてパンダ目、暑い時期は鼻とおでこがテカテカ…
メイク直しも憂鬱になってしまいますよね。

そこで、夏でも朝のメイクしたての肌をキープする方法を原因別にご紹介します。

ポーチの中身はお悩み別にそろえよう!

メイクアイテムは、厳選したものを持ち運びたいですよね。
でもメイク直しのために、いくつもいくつもコスメを入れてしまうのはもったいない!
自分の肌の悩みに合わせてカスタマイズすることが大切なんです。

今回は、
1.皮脂崩れ、テカリ
2.ファンデーションのヨレ
3.アイメイクの崩れ
4.ポイントメイクの崩れ
と4つに分けて必需品とその使い方をチェックしていきましょう。

1.皮脂崩れでドロドロになる!

ポーチにはスポンジとパウダーファンデーション(ルースパウダー)、あればブラシを用意。

まずはテカリを清潔なスポンジで押さえていきます。
脂取り紙やティッシュではなく、スポンジのほうが油を適度に吸収してくれるので、そのあとのファンデーションのノリもぐっと良くなります。
また、皮脂の取りすぎはインナードライ肌の原因にもなるので、皮脂をしっかりとってしまう脂取り紙よりもスポンジのほうが優秀なんです。

必要に応じてコンシーラーなどで肌のアラを隠したら、パウダータイプのファンデーションで仕上げます。
肌がテカリやすい方は、適度に皮脂を吸収してくれるパウダーのファンデーションを使ってメイクするのがおすすめです。
リキッドファンデーションを愛用している方は、パウダーを顔全体にふんわり乗せましょう。

ここでおすすめしたいのが、パフではなくブラシを使うこと。
肌を磨くようにくるくると回しながら乗せることで、肌に粉が密着して崩れにくくなります。

2.乾燥&皮脂でメイクがヨレる!

@__shiioriiがシェアした投稿 -

ポーチには乳液とティッシュ、ファンデーションを用意。

メイクがいつのまにか目元や口もとでよれてしまっていることってありますよね。
これは、肌の乾燥と皮脂が原因になっていることが多いんです。
こすったり、ファンデーションをさらに塗ったりすると、余計に仕上がりが汚くなることもあります。

まずはファンデーションを軽く落とすことから始めましょう。
乳液を指先にとり軽く肌になじませ、ティッシュなどで優しく拭き取ります。
そうすればクレンジングも保湿も一気に完了できますよね。
べたつきがあるようならティッシュでもう一度押さえて、ファンデーションを少量取り塗りましょう。

メイクのヨレを防ぐには、朝の保湿とベースメイクの量が肝心です。

朝メイク前にしっかりとスキンケアを肌に浸透させること。
そして、少量のファンデーションをしっかり肌に密着させることで、メイクのヨレはぐっと少なくなりますよ。

3.いつの間にかパンダ目に…!

unddayさん(@undday)がシェアした投稿 -

ポーチには綿棒と乳液(または保湿バーム)、コンシーラーまたはファンデーションと、アイシャドウを用意。

昼、鏡を見たら目の下が真っ黒!という苦い経験をしたことがある女性も多いのでは?
パンダ目は涙や皮脂、そして目をこするなどの物理的な刺激も大きな原因になります。
目元のメイク崩れは人からよく見られるということもあり、一刻も早く直したいパーツのひとつですよね。

まずは綿棒の片方に乳液や保湿バームを少量とり、くるくると下まぶたになじませます。
そして何もついていないほうで汚れごとふきとります。

コンシーラーかファンデーションを少量なじませた後、パール感のある明るい色のアイシャドウでくすみを飛ばしましょう。

パンダ目になりやすい人は、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使うのはよく知られた方法ですが、
下瞼にパウダーファンデーションやパウダーアイシャドウをしっかり密着させておくことでメイクが落ちることが少なくなることも。
ぜひ試してみてくださいね。

4.気づいたらメイクが取れてる!

@csz_11がシェアした投稿 -

ポーチにはスポンジとファンデーション、リップ&チーク用のコスメを用意。

意外と多いのが、チーク、リップなどのポイントメイクが落ちやすいという悩み。
いつの間にかアイブロウもチークも落ちてしまっているという方は、皮脂が多い、または顔を触る癖があるかもしれません。

まずは清潔なスポンジで顔全体を押さえ、余分な皮脂を取っておきます。
必要に応じてファンデーションを塗りなおしたら、チークをほほの高めの位置にオン。
この時便利なのが、チークとリップの兼用コスメ。
頬と唇を同じトーンで統一することで垢抜けた印象を作ることもできます。
ポーチもかさばらず、持ち運びも便利なのがうれしいですよね。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR

misato

いろんな美容法を実践しています♡