暑くて動けない……を解消!夏バテ予防に効果的な食べ物とは?

暑くて動けない……を解消!夏バテ予防に効果的な食べ物とは?

2018年08月02日更新 あーちゃん 1126 view

暑い夏って、疲れも溜まるし食欲もなくなってしまいますよね。そんな夏バテを起こさないためにも、夏バテ防止に効果的な食材を積極的に摂っておくことが大切です。

暑い夏、到来!

夏本番、楽しい季節がやってきますが、なんだか元気が出ない……とすでにバテ気味な人も多いのではないでしょうか。
暑い夏を楽しく乗り切るためには、しっかり栄養をとることが大切です。

夏バテの強い味方となる食材

毎年この時期になると疲労感が溜まったり、食欲不振が続いたりして夏バテになる人は意外と多いものです。

夏バテに効果的な食品をきちんと摂って元気に乗り切るようにしましょう!
では、どんなものが夏バテに効くのでしょうか?

うなぎ

7月後半や8月前半になると毎年土用の丑の日としてうなぎが多くスーパーに並び始めます。
「うなぎを食べると夏バテしない」と言われるほど栄養満点な食材なので、ぜひ摂っておくといいでしょう。

しかし、うなぎは少々値が張る高級食材なので、あまり頻繁に食べるのではなく、1年に1回、丑の日に食べるのでもいいでしょう。
2017年は、 7月25日(火)と8月6日(日)です。

トマト

夏野菜であるトマトは、夏バテに効果的な食材です。
トマトには酸味や甘味があり、さっぱりとみずみずしいので、食欲が落ちがちな夏にも食べやすいです。

食欲増進や疲労回復にも効果があるので、積極的にとるといいでしょう。
また、トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があるので、日焼け後に食べると美白ケアにも有効です。

料理などにも度々登場する万能食材といえば卵ですよね。
卵にはビタミンC以外の栄養素がバランスよく含まれており、特にビタミンAやビタミンB2が豊富です。

また、肌荒れ防止や貧血予防にも役立つので、体調を崩しがちな夏には積極的に摂っておきたい食品でもあります。

キムチ

キムチの香辛料にはカプサイシンという成分が含まれており、これは食欲を増進させる効果があります。
暑さで食欲がなくなるという時にはぜひ食べてみてください。

また、キムチは漬物で発酵食品なので、腸にいい乳酸菌が豊富に含まれています。
そしてキムチに使われる白菜などの野菜にも、栄養が豊富なので夏バテ防止には効果的です。

豚肉

豚肉には、疲労回復に効果的とされているビタミンB1が豊富に含まれています。
暑さで疲れやすくて参ってしまうという人は、暑くても食べやすい冷しゃぶなどにして取り入れてみるといいでしょう。

また、糖質や脂質などの栄養素をエネルギーに変換する時に必要なナイアシンという成分も含んでいるので、摂取した栄養がスムーズにエネルギーになりやすくなります。

豆腐

この記事が気に入ったら いいね!しよう

公式 Instagram

公式

KEYWORD TAG

CURATOR